2021年4月30日 (金)

二宮金次郎はもういない。

入学式と言われて思い出したのは、長男の小学校の入学式の日の光景です。

うちの子の入学した小学校は、広大な団地に併設されて、創立からそれほど時間も経っていませんでした。郊外なので運動場は広くのびのびと、校舎は、軽やかなクリーム色で、入学してくる生徒たちを笑顔で迎えているようでした。生徒数の少ない教室には、テレビや個人用のロッカーなど、僕が子供のころの小学校とは、くらべものにならない設備です。校門の桜の花は同じでも、それは学校全体の明るい雰囲気をさらに引き立てていました。

僕が入学した小学校は、古い木造の校舎が、勉強とは、難しく深遠なものであることを、いかめしく象徴しているようでした。自分が通っていた小学校の重苦しい雰囲気とはちがう、この明るさになじめませんでしたが、運動場の端に立っていて、ふとその原因のひとつに気がつきました。校長先生がお話をされる朝礼台はある。その後ろに国旗掲揚のためのポールもある。しかしそのそばに、二宮金次郎の像がなかった。

転校した僕はふたつの小学校に通学しましたが、どちらの学校にも二宮金次郎の像はありました。夏休みに遊びに行った従兄弟たちの小学校にも、その像はやはり校舎の正面に立っていました。柴を背負い、本を読んで、どこの小学校にも二宮金次郎はいました。その姿は、刻苦勉励という学生の徳目が、質素勤勉という人生のあるべき姿に繋がることを、教えているようでした。

学びを、楽しく朗らかに始めるのに反対する人はいません。みんなが、いつでも、幸せな人生こそが、われわれの社会が目指していることでしょう。なので現代では、学校生活の初めに、子供はすでに幸福であるべきなんでしょう。しかし学校は子供たちを優しく受け入れても、卒業すると、社会は学生をにこやかに迎えてはくれません。新社会人のかなりの%が、数年以内に離職することを、どう考えるべきなんでしょうか。社会でそこそこ幸福に生活するための、学校教育の基本はどうあるべきなんでしょうか。

戦後に建てられた団地の小学校に、金次郎の像を寄付しようとする篤志家はいなかったんでしょうつぎはぎの衣服で、柴を背負い、本を読み、ひとつの時間を二つに使って、大変な集中力で物事に立ち向かう。それは二宮金次郎でなくても、井深大でも本田宗一郎でも孫正義でもいい。しかし、人は皆、幸せでなければならない。そのための基本は、自由であり、多様性だ。苦学力行だけを押し付ける必要はない。自由なんだから、自分で努力しなさい。そうなるんでしょうね。

校庭はバスケットボールやサッカーの設備でにぎわい、新1年生も親達もきれいな服装です。二宮金次郎はもういない。

2021年4月22日 (木)

「中原中也・全詩アーカイブ」です。(推しの「ココログ」といえば)

推しの「ココログ」といえば、「中原中也・全詩アーカイブ」です。

のブログにも、皆さんの言いたいことが溢れています。その情熱に納得できる反面、作者の思いが押し寄せてくるので、受け止めるのにすごくエネルギーを要します。ほかにも理由はあるんでしょうが、読む際には、ある種の緊張感があります。全力で書いているんですから、それは当たり前のことでしょう。

ところが「中原中也・全詩アーカイブ」 は、わりあい気楽に読めます中也の詩を読んだことがあるからでしょうが、一番の理由は別の所にある。このブロガー氏は、中也と共に一生を過ごしてきたのか、と思わせるほどに、中也の詩の一言一句に愛情を込めて解説しています。浩瀚かつ詳細。すごい熱量だ。「生きているうちに読んでおきたい中原中也の名作たち」という項もありますが、これらは自信を持って勧めているのではなく、没入した深さが基準になっているようです

ところがその膨大な情は、僕の方へ向かってはこない。氏の視線が中也を凝視しているからです。だから僕は両者を傍で見比べていればいいブロガー氏は中原中也に共鳴しながら、闘ってもいる。情熱は激しくぶつかり合っていて、直接、僕の方に押し寄せてくることはない。なので、ハラハラしながらも、安心していられる生涯をかけた2人の取っ組み合いを、僕は感動しながら見守っています。手を伸ばせば、本棚に『中原中也詩集』はあるのに、このブログを開くのは、それも一因でしょう。

もう一つ、このブログでは、他の詩人の選択も合わせて、詩について色々考えさせられます。特に、横書きになっているので、左から右へ文が進む。原文はまったく逆で、縦書き、右から左へと移って行きます。紙媒体で読むと、当然、感じが違う。始めから電子媒体、横書きで読んでいる人は、どういう印象を受けているんでしょうか。

はっきりしているのは、中也が、縦書き、右から左へと書いて、発表したことです。横書きになった自分の作品を見ると、きっと何か言うはずだ。ひょっとして大喜びするかもしれない。30年の生涯で、2冊の詩集を上梓しましたが、次の1節だけで、日本文学史に名を刻みました。(きちんと縦にならなくて済みません)。

                            今 

                            日 

                            も   

                            小 

                            雪 ま

                            の   っ

                            降 た

                            り  

                            か   

                            か 

                            る           

縦書きだと、雪は冬の空からやさしく降ってくる。これを横書にすると次のようになります。

 

汚 れ っ ち ま っ た 悲 し み に

今 日 も 小 雪 の 降 り か か る

 

何となく違いますね。どうも変だ。画面か紙かの違いじゃない。何かが違う。例えば。縦書きだと、小雪は上から降ってくるが、横書きにすると、少し風があって、小雪は横斜め上から舞ってくるようにも見える。雪の落ちてくる方向が微妙に異なる。こう考えれば、違いの理由が分かった気になるかもしれない。この感じは具象的な表現に限りません。以下は、『山羊の歌』巻頭の「春の日の夕暮れ」の一節です。新潮文庫版では「嘲」るには「あざけ」とルビが振ってあります。

                                                              嘲  私

                                                              る  

                                                              嘲  

                                                              る  

                                                                   的

                                                              空  

                                                              と   

                                                              山 

                                                              と   

                                                              が 

                                                                   云

                                                                   へ

                                                                   ば                      

私が立っているのはどこだか特定できません。この節では、時間の中の位置が重要のようです。時間は歴史の中の現在です。ですから縦書きだと、宇宙の象徴としての空と山の嘲る声が、私が立っている現在の空間全体にこだましているみたいだ。けれども横書きにすると、やっぱり感じが違う。

私 が 歴 史 的 現 在 に 物 を 云 へ ば

嘲 る 嘲 る   空 と 山 と が

 

同じ印象にはなりませんよね。この違いはなぜ起こるのか。敢えて考えてみると。嘲っているのは空と山です。横書きだから、空と山が横に並んでいる。春の日の夕暮れで、西の山の端の空は赤く染まっています。つまり嘲る声は、左に見える西の山の方角から聞こえてくる。同じ山と空なのですが、縦書きだと宇宙の象徴になり、横書きだと具体的な西の山と夕焼けの空になる。横書きでは具象的表現で、縦書きでは象徴的になっているとも言える。こんなふうに解釈すると、少しは違いを理解できる気にはなれます。

感じ方の相違が生じるのは、当然とも言えます。もともと漢字は象形文字ですから、文字の中に元の形が宿っている。形は空間の中に位置を占める。したがって縦書きと横書きでは、具象の小雪、山、空だけでなく、抽象的に嘲られている「私」でさえ、空間における他のものとの位置関係によって、その性格が別様に感じられるのではないでしょうか。

ココログは横書きの設定です。詩ほど敏感ではないが、縦書きにした場合と比べると、やはり微妙な意味の差異が出ているかもしれません。

山口県山口市の中原中也記念館には行きました。すぐの所にある、中也が結婚式の披露宴をした旅館に泊まりました。床の間を背に新郎新婦で記念写真を撮った座敷には、その旨の木札が付いていました。中庭を隔てた部屋で床に就くと、夜遅くまで宴会の音曲が聞こえておりました。

ブロガーも行かれたことでしょう。

 

2021年3月29日 (月)

お題に入選して照ノ富士のことを思った。

1~2月のお題「コロナ禍での生活の変化」に投稿したら、入選にして頂いた。

https://info.cocolog-nifty.com/info/2021/03/post-ca8824.html

僕はカメラは持っているが、写真は記憶のために撮るだけで、ほんとの素人だし、絵や漫画なんかはとても無理。だからブログは文章だけで愛想がないし、哲学や倫理学の勉強なので、文学系の人たちのような素晴らしく説得力がある描写なんかできない。

他の入選作を読んでいると、文章だけ表現手段じゃない時代になったと、つくづく思う。それはとてもいいことだ。色々な表現手段の中から自分に合った方法を、それも1種類だけではなく、何種類も組み合わせて表現できている。文章自体も、色々うるさく言う人はいるだろうが、型に捉われてなくて、自己表現がしやすい良い時代になった。

それは前から感じていたので、僕の出る幕はなくなっただろうと思っていた。ところが文章だけで入選したので、まだ僕の表現法でも認めてくれるのかなあ、と素朴に嬉しかった。古い方法も、ダイバーシティのひとつとして残るのだろうか。照ノ富士と同じで、ふたたび第一線に立って、日々精進します、と言う所でしょう。

 

 

 

2021年3月 2日 (火)

「青天を衝け」①『論語と算盤』は実行できるのか。

 渋沢栄一の基本思想は『論語と算盤』だそうです。これだけで彼の経済思想は十分理解できますね。

 もっとも論語と算盤は儒教の基本です。商売の根本には道徳心がいる。当時の指導者は皆、子供の頃から儒教教育を受けているので、こういう考えは渋沢だけのものではありません。尊王攘夷の志士も佐幕派も、西南戦争の西郷隆盛も政府軍も、経済と道徳心の両立を求めていました。

 ですから渋沢が偉いのは、そう言ったからではなくて、実践したからでしょう。ひるがえって考えてみると、現代の企業人には論語がない。算盤ばかりだ。情けない。こんな批難も聞こえて来そうです。

 けれども現代のビジネスパーソンにも言い分はあるでしょう。道徳心を基礎として仕事をやりたいのは、やまやまだ。でもそんなきれいごとばかりで、ビジネスがやれるのか。論語はコンプライアンス以上のもの求めているみたいだ。それで過酷な競争を勝ち抜けるか。コンプライアンスで精一杯なんだ。

 「青天を衝け」での渋沢は、間違いなく、論語と算盤を理想的に成し遂げるでしょう。けれどもあまりきれいに描きすぎると、嘘っぽくなる。企業戦士から馬鹿にされる。「俺たちだって一生懸命やってるんだ。ビジネスをなめるな。」

 現実の厳しさをどうドラマに反映させるか、お手並み拝見というところですね

2021年2月27日 (土)

 東村アキコさんの漫画『東京タラレバ娘』は純文学だ。

 前のブログで東村アキコさんの『東京タラレバ娘』について少し触れたので、この漫画の印象を書いておきます。テレビドマ化されたようですが、それは見ていません。

 30才過ぎの仕事持ちの独身で友人同士の女性3人が、女子会でそれぞれの恋愛に悩んでいる。「もし~だっタラ」、「こうすレバ」とあれこれ迷うので、結局はっきりと決断できないまま、ずるずると30代前半を、焦りながら、生活しています。ストーリーはありきたりの日常生活ですが、表現力が凄い。絵と文章が調和している。

 これまで読んだ範囲の漫画では、微妙な心理描写が小説ほどには伝わって来なかった。それが漫画の限界かと思っていました。漫画は文字に敵わないのではないか。しかしこの作品は違う。漫画にしかできない表現だと言いたい。文章で表せば数行は必要な場面を、眼や鼻の1ミリほどの微妙な線の変化だけで表せている。この漫画は、純文学の香りがしました(だからいい、と言ってるんじゃなくて、そんな読後感だというだけです)。

 恋人との関係や、職場では若手に追い上げられたり、主人公たちは、相当深刻な状況のはずです。それを漫画にしかできない軽さで、深刻さを優しく包んだので、悩みが暗くならない。漫画描写は優しいので、かえって彼女たちの悲しみがしみじみと伝わってくる。文章だと、こういう表現はできないのでは、と思わせるほどの作品です。純文学の雰囲気を、純文学以上に描写できている。味わいのある作品だと感じました。

 もうひとつびっくりしたのは、作者が、巻末の文章では、この種の女性に必ずしも共感していないことでした。むしろ、冷静に、突き放して見ている。作者さんと作品の関係にぎょっとしました。

2021年2月22日 (月)

コロナ禍での生活の変化

 コロナ禍によって、生活上、変わった点や気を付けていることはあります。しかしコロナが終息して元の生活に戻れば、それらはすぐに忘れてしまうでしょう。ですがもう忘れられない記憶も残りました。リモートワークは多少面倒でしたがすぐに慣れました。すると自分が何を求めているかが、はっきりしました。

 仕事にかまけて、うちの庭は広くもないのに荒れ放題です。家にいることが多くなったので散歩します。ご近所の庭を見ると、広さにかかわらず、どこのお宅もきれいに花が並んでいる。で、花を植えようと思い立ちました。芽が出て花が咲きます。小さいナスができたりすると、幸せな気持ちになりました。 

 モートワークが終わった瞬間、自由な時間が始まります。人間は出来るだけ自由でいて、自分の好きなことをやりたいようです。

 車は身体を自由にし、ブログは好きなことを書けるので、精神的な自由を与えてくれています。若者の車離れが言われますが、自由を手放したんじゃなくて、スマホだと、もっと多くの自由を、安価に手に入れられるからです。スマホは全面的に自由を拡張しています。だけど車もスマホも、余暇時間の自由を充実させただけで、仕事時間を侵食はしなかった。

 自由を楽しむにもお金が必要です。ですからほとんどの人間は、あまり好きではないんでしょうが、働かねばなりません。お金がないと、車もスマホも手に入らない。なので、お金=自由、を手に入れるための仕事間は、侵食できない聖域でした。それどころか、車や機器は「悪用」されて、仕事はさらに忙しく、複雑になっています。

 今回、コロナ禍でのリモート機器の使用が、聖域だった仕事時間とその周辺の時間を侵食しつつあるようです。少なくとも通勤時間が減る。職場の煩わしい人間関係を省略でき、純粋に仕事に集中できる。今日のリモートが終わったら、すぐ時間を自由に使える。高い住費で都心に住む意味が少なくなる⇒自由に使える環境やお金が増える。

 人間を具体的に自由にしたのは、カントやミルや日本国憲法ではありません。トヨタであり、ソニーであり、グーグルです。そしてZoomのような会社が加わりました。仕事関係の時間を減らすという、人類の理想へと、生活が変化する端緒を、コロナが提供したことになります。

 コロナが終われば、僕の仕事は元に戻るでしょう。庭の花も枯れて、うちの庭は、また殺伐となるでしょう。それでも僕だけでなく、多くの人が、理想の生活の実現に近づけることを明確に知ったはずです。それは社会に次第に影響を与えていきます。

 夏の日の、紫色のちいさなナスの花を、僕は目指して生きていくことになるでしょう。

鬼滅の刃を観たぞ

 大評判だから「鬼滅の刃」を観た。どこがいいのか、さっぱり分からなかった。僕は「東京タラレバ娘」のような作品が好きだ。つまりは微妙な心理描写のあるなしが、僕の好みの分岐点なんでしょう。「鬼滅の刃」 にはそれが感じられなかった。ストーリーも単純で平板だ。

 でも唯我独尊でもいけない。常に自省は必要だ。なんで膨大な数の人が「鬼滅の刃」を支持するんだろう。 僕の友人は、鬼にも優しさが感じられるのに共感していました。だけどそれがこれだけの観客を魅了した理由だろうか。勧善懲悪かと思ったがちがう。スポコンものでもない。観客が一定数を超えると内容に関係なく数値が上がるそうだが、その一定数になぜ達したんだろうか?

 これは不条理劇ではないのか。何も悪いことはしてなくても、鬼は次から次へと襲ってくる。まさに現在の状況だ。地震が来て、ようやく落ち着いたら、コロナが来た。その最中にまた地震が来た。それでも挫けることなく、日本人は何度でも戦い続ける。

 「さればもう一度」、ニーチェもそう言ってる。「がんばっぺ福島」。「がんばろう日本」。それで支持されている、と考えていいんでしょうか?だったら分かるような気もします。

2021年2月19日 (金)

『麒麟がくる』の光秀は・・・・・・。

  それで光秀です。今回の描き方は、逆転の秀吉、信長に比べると、正攻法と言うべきでしょう。現在の日本の国是は民主主義、平和主義です。国営放送のNHKがそれを外すわけにはいきません。なので大河ドラマの主人公は全員、民の幸せと天下が平らかになることを目標とします。信長、家康、謙信、信玄、だれが主役でも、これを理念とすることになります。むしろ光秀さえもそうだったという性格付けで、それを信長を倒す原因としたことは、「なるほどなあ」と納得しました。
  それでも主人公ですから、大義名分だけでは性格や行動など細かい表現はできません。信長に気に入られた最大の理由は、秀吉同様「仕事ができるやつ」という能力なのは間違いありません。なので、秀吉の品のなさ、現実主義とは違った意味で「仕事ができるやつ」という場面が欲しい所でしたが、要求しすぎでしょうか。秀吉との対比では、品の良さは表現できていましたが。
  光秀がセリフなしで黙っているのは、つまらないセリフを喋るよりは良かったのですが、表情にもう少し意味を含めても良かったのでは。表情が分かりにくい場面がかなりあった印象です。
    しかしこの脚本全体では、説明的に喋り過ぎて役柄が軽くなるセリフがなく、その分発言に重みが出て、訴求力はあったと思います。また山崎の合戦など、誰もが知っている場面を描かずに済ませる手法は、各所で驚かされましたが、それなりに理解できました。
    光秀を主人公にするドラマはこれからも作りにくいでしょうから、今回の光秀が今後の基準になるのでは、と感じました。

  歴史的事実という点でどのドラマでも問題になるのが、狂言回しです。否定的な見解もかなりありました。しかし例えば、丹波攻めが決まったら、「さあ攻め込もう」という訳ではなくて、状況を探索し、調略し、内部撹乱して、それから実戦になるはずです。そういう前段階の一部を伊呂波太夫のような職種の人たちが担うのは、ありえることでしょう。
  すると「駒ちゃんや東庵先生も必要なのか」となります。この人たちが、朝廷や足利義昭と親しいのは、歴史的事実との一致の検証は難しいでしょうが、むしろドラマの中で一息つく場面と考えていいのでは。歴史的事実とその関連ばかりでは、視聴者は息苦しくなるのかもしれません。

  義景、義昭、正親町天皇など上手な役者さんを揃えていたので、個々の場面に重みがありました。単に人気があるだけで脇役にでも配するのは、やはりドラマの質を低下させると確信できた配役でした。
  帰蝶は道三の娘らしく、怜悧に策略を働かせるのはありそうなことで、可愛いばかりでは、戦国武将の妻は務まりません。代役での出演でしたが、最初からこの役者さんで良かったのではと思った人も多いのでは。
  全体としてすがすがしい作りで、役者さんの選び方も良くて、悲劇的な最期のはずなのに、さわやかな後味だったと、僕は感じました。

2021年2月17日 (水)

『麒麟がくる』では秀吉像が印象に残りました。

   歴史ドラマの楽しみ方は人それぞれです。今回、描かれている人物像は、新しい視点で、かつ納得できる性格になっていた人物が多かったと、僕は感じました。
 今回のドラマで一番新しかったのは、秀吉の描き方だったと思います。「仕事のできるやつ」。光秀が一緒に仕事した時分の秀吉だから当然ですが、この面を前面に打ち出した描き方は、これまで視聴した範囲では思い出せません。
 秀吉といえば、猿に象徴される顔、剽軽、面白さ、俗っぽさと、逆に、最下層から成り上がった者が持つ、人間や社会に対応できる能力、ハングリーな向上心などを複雑に兼ね備えた人物、というのが普通の表現法で、あまりに複雑なのでどの面かを限定的にしか出せないようでした。それでも秀吉に共通する基本は、明るい、ニコニコ顔の秀吉でした。
 しかし今回は「仕事のできるやつ」を前面に出して、ニコニコが少なく、かつ、成り上がり者の品のなさも良く描けていて、これまでにない秀吉の面が出ていました。

   無論これでも1つの面に過ぎず、物足りなさはまだ残ります。『真田丸』での秀吉の優しさと怖さの2面性は説得力がありましたが、それでも、これだけかと物足りなさは残りました。秀吉はほんとうに難しい。
 次に、信長にも感心しました。明るい合理主義者。派手好みの冷酷な男。うまく演じていました。これまでの描き方では、秀吉が基本ニコニコだったのに対して、信長は冷酷、神経質、果断など、笑顔が少ないのが基本でした。しかし今回は、秀吉の基本厳しい合理性丸出しに対して、信長は一貫して基本ニコニコで、従来の信長と秀吉の描き方がひっくり返っていたのが特徴でした。

 確かに、冷酷な合理主義者でも、朝から晩までそんな顔をしていたわけではなく、特に信長は安土城など派手好みな面もあり、基本ニコニコでも、十分納得できました。最初、信長が出てきた時は、「このニコニコ信長じゃあダメだ」とガッカリした人は多かったでしょう。が、回が進むにつれて、だんだん凄みが増して来たのは、役者さんの力量なんでしょう。
 家康饗応の際に光秀を蹴った場面も、家康への警告という意味付けで、最後まで光秀を信用していたという解釈には、頷かされました。秀吉、信長については今後も、様々に描かれるでしょう。これが決定版だというのは難しいでしょうが、今後も楽しみにしておきましょう。
   それで肝心の光秀はどうなんだ、という声が聞こえてきそうですが、長くなるので次の回に。

休業要請と補償をワンセットにするのは間違ってる。

    コロナ禍で、休業要請すると補償するのが当然と考えるのは間違いです。倫理学から言うと、他者の危害になる場合は、自己決定権が制限されるのは、基本原則です。自由を享受できるためには、その限界も合わせて承認しているはずなんです。それは小学校の低学年でさえ知っています。木に登っているのを、「危ないよ」と大人に注意されて、「ひとに迷惑かけてないからいいじゃない」くらいの理屈をこねる子はいますよね。これは他者危害原則に抵触しないと、言ってるんです。
    国が休業要請するのは、コロナがうつる(他者危害になる)からです。そういう場合は休業(自己決定権が制限される)のは当たり前ですから、受け入れるのが当然なのです。休業要請するから、補償する、と言うのは倫理学的には破綻した考え方だと思います。

    「それじゃあ困る人が大勢出るし、結局、国の経済が崩壊するじゃないか」、という意見が起こってくるでしょう。もっともです。だから休業要請⇒補償、が間違いで、休業要請⇒経済の混乱・失業者の増大⇒補償、ならいいんです。
  「ただの理屈だ。結果は同じじゃないか」と言う人もいるでしょうが、それはちがいます。理由は2つです。①「休業要請するから」補償するのと、「経済的な混乱が起こるから」補償するのでは、補償の相手、範囲、規模が異なってくるはずです。「休業要請するから」という考えは、枠が大きすぎて、あいまいです。これが補償に際しての混乱のひとつの原因のようにも感じています。
   ②自由はわれわれ社会の基本的な倫理観です。しかし抽象的なので、具体例が起こったさいに、きちんと確認しておく必要があります。その場限りの情緒的な対応では、せっかくの自由という権利が曖昧なものになってしまうでしょう。
     では具体的に、補償の相手、範囲、規模はどうするのか。それは経済の専門家の仕事です。倫理学がすべての問題に詳細に答えることはできません。一知半解の発言こそ、非倫理的な行為です。ここが経済学にバトンタッチする地点になると思っています。

«はじめに